愛知県球場巡り第3弾 毘森公園野球場

第2弾から早くも難易度が上がっている愛知県球場巡り第3弾です。
今回は毘森公園野球場です。ウィキペディアにも詳細はありませんが、
日本の野球場の愛知県欄に掲載されている立派な野球場なのです。

さてこの球場ですが、場所も分からなければ名前の読みも分からない。
場所は豊田市の中心部で愛環の新豊田駅から徒歩10分の好立地の場所に有ります。
近くには学校も多く、強豪の豊田西高校や堂林選手の出身校の崇化館中学校もあります。
名前は毘森(ひもり)公園野球場と読みます。
公式戦の実績はないようで、主に草野球に使用されているようです。
両翼 91メートル 中堅 118メートル
メインスタンド360人 内野2,100人 外野2,000人 計4460人収容

画像














市街地にありますが、少し小高い所に有ります。
グランドは内野・外野とも芝はなく、一面土のグランドです。
芝生というか草というか分かりませんが外野席のスペースもしっかりあります。


画像














スコアボードは手書きの手動式です。
使われていないのか名前の部分が板で隠れてしまっています。

画像














スタンドはバックスクリーンに長椅子が360席用意されています。
照明やスタンドなど球場全体に緑色が多く使われています。
球場全体に桜の木が植えてあるので、4月ごろの試合もいいですね。
ある意味プロが使用する豊田球場より季節を感じながら試合ができるので贅沢かも。

画像














球場入り口からです。
プレーヤーズベンチ上のスタンドには公園で良く見る二人掛けのベンチがありました。

総括
スコアボードやフェンスなど球場全体に年季が入っている感じです。
しかし照明やスタンドがあり、中堅118mと草野球や少年野球の開催場では立派な球場です。
他に豊田球場も存在し、一つの市に二つも立派な野球場があるところは愛知県では珍しいです。
ちなみに駅から球場とは逆方向に行くと豊田スタジアムが見えてきます。
ぜひ桜の季節に行ってみたいものです。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック